ブログ

会社法監査とは?

会社法監査とは、会社法の規定により作成される「計算書類」が適法に作成されているかどうかについて行われる監査のことです。大会社(資本金5億円以上または負債200億円以上)の会社は、必ず監査を受けなければいけません。この理由としては、少なくとも、利害関係者に与える影響が大きいと考えられる大会社に関してのみ、計算書類の監査を会社法により義務づけているためです。計算書類というのは、貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)・損益計算書(そんえきけいさんしょ)・株主資本等変動計算書・個別注記表の4つからなり、全ての株式会社が作成する義務があります。また、上場会社は、連結計算書類(連結貸借対照表・連結損益計算書等)も作成する必要があります。

金融商品取引法監査についてはこちらを参照ください。

関連記事

  1. ■商品、製品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵品の表示について
  2. 有価証券報告書の提出期限について
  3. 新収益認識基準 分かりやすく
  4. 過去の改正点の復習 平成19年3月期編
  5. 公認会計士の仕事 vol.5
  6. 改正後の有償支給時の会計上の仕訳(会計処理)について 収益認識基…
  7. ■第二次納税義務 その② 
  8. 経営者確認書とは?

最近の記事

PAGE TOP