ブログ

金融商品取引法監査とは?

金融商品取引法監査とは、金融商品取引法第193条の2に基づき、公認会計士若しくは監査法人によって行われる監査のことです。
証券取引所に株式を上場している会社は、金融商品取引法に基づく公認会計士監査を受けることが義務付けられています。そのため、上場会社で監査を受けてない法人は上場廃止となり、証券取引所から退場となってしまいます。また、一定の条件を満たす非上場会社も同様に金融商品取引法監査が義務付けられています。

金融商品取引法監査には、財務諸表監査と内部統制監査の2種類あり、財務諸表監査の対象となる企業は、有価証券報告書の提出会社であり、監査対象は有価証券報告書の「経理の状況」に掲げられている財務諸表になります。また、内部統制監査の対象となる企業は、上場会社であり、監査対象は内部統制報告書になります。

会社法監査についてはこちらを参照ください。

関連記事

  1. 資産除去債務の有無を検討する際のチェックシート
  2. ■訂正報告書の提出状況等の分析
  3. 犯罪収益移転防止法とは?
  4. ■私立幼稚園学校法人会計-個人立の会計処理① 関連する規定等-相…
  5. ■流動?固定? 基本的な長短分類の考え方について
  6. 会社法監査とは?
  7. 監査法人のローテーションについて
  8. 廃止された リサーチセンター審理情報NO-19「包括的長期為替予…

最近の記事

PAGE TOP