ブログ

監査法人とは?

監査法人とは、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明を組織的に行うことを目的として、公認会計士法34条の2の2第1項によって、公認会計士が共同して設立した法人のことです。設立するためには、公認会計士が5人以上必要です。
監査法人の仕事は、「監査業務」と「コンサルティング業務」に大別することができます。監査法人のコンサルティング業務は、IPO、M&A、事業再生など、企業の様々な段階に対して行われます。ただし、監査・証明業務の中立性を守るため、同一の企業に監査・証明業務とコンサルティング業務を、同時に行うことは禁止されています。

関連記事

  1. ■第二次納税義務 その② 
  2. ■公益法人 内閣府立入検査
  3. 会社計算規則第131条による通知事項とは?
  4. 資産除去債務を計上すべき一般的な例示と関連法令
  5. ■有価証券報告書の分析 引当金の各社の開示状況の分析
  6. 公認会計士の仕事 vol.4
  7. 収益認識基準における有償支給の処理③ 適用指針の考え方について(…
  8. 分配可能額

最近の記事

PAGE TOP