ブログ

公認会計士と税理士の違いとは?

公認会計士と税理士の業務は、同じようなものだと誤解される方が多いですが、それぞれに独占業務を持ち、請け負う案件も大きく異なります。
・公認会計士の独占業務
公認会計士の独占業務として「監査業務」があります。監査業務とは、企業・団体が作成した財務諸表が適正であるかどうかを第三者の立場からチェックし監査意見を表明するものです。主なクライアントは大企業が中心です。

・税理士の独占業務
税理士の主な業務は、税務書類の作成、税務代理、税務相談に分類され、いずれも税理士法に定める独占業務となっております。主なクライアントは中小企業やベンチャー企業などが中心です。

関連記事

  1. 資産除去債務の有無を検討する際のチェックシート
  2. ■関連当事者情報の管理(収集)方法-実務としてのチェックリスト
  3. ■有価証券報告書の分析 当座貸越契約及びコミットメントについての…
  4. 金融商品取引法監査とは?
  5. 従業員持株ESOPにおける開示(表示)上の留意点について
  6. ■子会社の会計方針の把握方法-フォーマットなどについて
  7. ■指定管理者情報 引当金とは?中小企業(指定管理者含む)は引当金…
  8. 旧商法の時と会社法における決算日程の違いについて

最近の記事

PAGE TOP